忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
壱大(イチヒロ)
性別:
女性
自己紹介:
遠い過去に成人済み。心は永遠にガラスの十代と言い張る駄目な大人。中途半端乙女ゲーマー。現在の主食はVitaminX。
先年、今更のように声優萌えに目覚め、更にディープにオタク道を邁進中。おまけに筋肉フェチ。
小野大輔氏とCELL DIVISIONの2人に熱烈盲目恋心。
[60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

翼を1本UPしました。
アプリノーマルED後の話ですが、本編(PS2版)のエピソードを盛り込んでます。
自分で言うのもなんですが、も・の・す・ご・く暗ーい話です。救われないにも程がある感じなので、ダークなのが苦手な方はご注意を。
別に私自身になんかあったから、どす暗い話を書いた訳ではないよ。
気がつくと悲恋系とかダークな話が多くなってるのがデフォなんです私。
何でかは自分でもわかりません。無意識に持ってる暗黒面が噴出してるのだろうか。

話の続きは追記で。






因みに、この話はある歌の歌詞を元に書いたんですが、元になった曲は、こんなダークな話をこの歌から思いつく私は相当おかしいと思われてもおかしくない、嘘のように優しくてあったかい雰囲気の曲だったりします。
知ってる人は知ってると思うんですが、故・村下孝蔵さんの『陽だまり』と言う曲です。アニメ『めぞん一刻』の一番最後のOPなんですけど。
この曲の歌詞で「僕は君一人の為だけの一人ぼっちさ」っていう、ものすっごく好きな一節があって、そこから出来た話だったりします。
アプリノーマルED後の翼の、「最初で最後の恋しい人」っていう台詞に、この先翼はずーっと悠里ちゃんだけを想って生きていくのかなあ、と考えたらものすごく悲しい終わり方だなあと感じたんですよね。
翼って決して弱い子じゃないと思うけど、ずっと強いままの人間なんていないし、心の拠り所をまた失って、この子はちゃんと生きていけるのかなあって思いながら書いてたら、こんなダークな話に仕上がってしまったという。

しかし、村下さんの書いた歌詞は本当にどれも秀逸です。リスペクト。
こんな素敵な歌を歌われていた方が早くに亡くなってしまわれるなんて、本当に悲しいな……。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]